CROSSCUT ASIA 特別編
「おいしい」アジア映画特集

    協力:
    バロットの大地
    ジャンル:ドラマ
    製作国:フィリピン
    製作年:2015
    分数:94
    監督:ポール・サンタ・アナ
    キャスト:ロッコ・ナシノ、ロニー・クイゾン、ヴィンセント・マグバヌア、アーチ・アダモス
    視聴可能国:全世界(フィリピン以外)
    言語:フィリピン語
    字幕:日本語・英語・インドネシア語・クメール語・タイ語・ベトナム語
    視聴可能回数3000視聴(視聴数に達した時点で配信は終了となります。)
    視聴期間
    1月21日(金) 10:00 ~ 2月3日 (木) 23:59 (JST)

    亡き父の遺言により、広大なアヒル農場を相続することになったジュン。生前の父親と疎遠で都会暮らしをしていた彼は、農場の売却を視野に入れて久しぶりに帰郷する。家畜や雄大な自然、あるいは農場に長年暮らす使用人一家と接するなかで、ジュンの心は徐々に揺れはじめるが、都会で彼の帰りを待っている恋人のことも忘れられない…。
    タイトルにある「バロット」とは、孵化しかけたアヒルの卵を茹でて食べるフィリピンのソウルフードのことで、根なし草の主人公が農場の大地に根ざした生活を選ぶかどうか、という本作のテーマが凝縮されている。
    ポール・サンタ・アナ監督は本作が4本目となる俊英だが、『クリスマス・イブ』(東京国際映画祭2011最優秀アジア映画賞)の脚本家として知られ、本作でも自ら脚本を執筆している。またブリランテ・メンドーサがエグゼクティブ・プロデューサーを務めている。
    シナグ・マニラ映画祭2015出品。

    【Q&Aレポート】フィリピンの貧富の差を描く「バロットの大地」TIFFで上映(映画.com)

    【インタビュー】「バロットの大地」監督&キャスト、心に染みる一編について熱く語る(映画.com)