CROSSCUT ASIA アンコール

    協力:
    カンボジアの失われたロックンロール
    ジャンル:ドキュメンタリー
    製作国:アメリカ、カンボジア
    製作年:2014
    分数:107
    監督:ジョン・ピロジー
    キャスト:シン・シサモット、ロ・セレイソティア、バイヨン・バンド
    視聴可能国:全世界(ベトナム以外)
    言語:英語・フランス語・クメール語
    字幕:日本語・英語(本作品は日本語・英語字幕で配信され、字幕をお選びいただけません。‘CC’(字幕選択ボタン)は表示されません。)
    視聴可能回数3000視聴(視聴数に達した時点で配信は終了となります。)
    視聴期間
    1月21日(金) 10:00 ~ 2月3日 (木) 23:59 (JST)

    ポル・ポト率いるクメール・ルージュによって弾圧されるまでのカンボジアのポピュラー音楽史を1950年代から70年代まで辿った貴重な音楽ドキュメンタリー。生存者へのインタビューや、知られざるアーカイブ映像から失われた歴史が甦る。インタビューの中心は、カンボジア初のバンドといわれる「バクセイ・チャムクロン」のギタリスト、モル・カニョル、男性4人組「ドラッカー」のトゥーチ・タナ。また、シン・シサモット、ロ・セレイソティアといった伝説の大歌手たちの姿に圧倒される。
    監督のジョン・ピロジーはNYを拠点に活動するアメリカ人。近年、デイヴィ・シュー監督『ゴールデン・スランバーズ』(東京国際映画祭2012出品作)やソト・クォ―リーカー監督『シアター・プノンペン』(東京国際映画祭2014国際交流基金アジアセンター特別賞)などカンボジア映画史をひも解く作品が登場しているが、カンボジア音楽史をたどる本作もそうした動向とリンクするものといえよう。

    【Q&Aレポート】「カンボジアの近現代史を映したかった」音楽から歴史辿るドキュメンタリーがTIFFで上映 (東京国際映画祭)

    【Q&Aビデオアーカイブ】登壇 ジョン・ピロジー(監督/プロデューサー/撮影)、ジェイソン・ジョーンズ(リサーチャー)