CROSSCUT ASIA アンコール

    協力:
    ピート・テオ特集
    ジャンル:短編集
    製作国:マレーシア
    製作年:2008-2013
    分数:97
    監督:ヤスミン・アフマド、ホー・ユーハン他
    視聴可能国:全世界
    言語:中国語・マレー語・タミル語・英語
    字幕:日本語・英語(本作品は日本語・英語字幕で配信され、字幕をお選びいただけません。‘CC’(字幕選択ボタン)は表示されません。)
    視聴可能回数3000視聴(視聴数に達した時点で配信は終了となります。)
    視聴期間
    1月21日(金) 10:00 ~ 2月3日 (木) 23:59 (JST)

    ミュージシャンにして映画俳優(『ゴースト・イン・ザ・シェル』)・プロデューサー・監督もこなすマルチな活動歴から、テオが関わった映像作品を紹介。

    『Vote!』(原題:Undilah)
    若い世代に向けて投票に行こうと呼びかける。
    監督:ベンジー・リム エグゼクティブ・プロデューサー:ピート・テオ
    約4分/2011年

    『Malaysia Day: Slipstream』(原題:Hari Malaysia)
    1957年と63年の建国記念式典のニュース映像を加工。
    作曲、プロデューサー、監督:ピート・テオ
    約4分/2013年

    『Here in My Home』 [Music video]
    人種差別反対を訴えてヤスミンらと歌い踊る。
    監督:ヤスミン・アフマド、ホー・ユーハン プロジェクト・プロデューサー、作曲:ピート・テオ
    約4分/2008年

    『15Malaysia』
    ピート・テオが企画したマレーシアの監督15人によるオムニバス作品。マレーシア社会の多様性を15の短編ですくい取っている。注目はヤスミン・アフマドの遺作となった『Chocolate』で、最後の長編『タレンタイム~優しい歌』(09)を仕上げ、自身の祖母のルーツを日本に探る「ワスレナグサ」の準備中に逝ってしまった彼女の最後のメッセージである。他の参加監督には、ジェームス・リー、ホー・ユーハン、タン・チュイムイ、リュウ・センタックら「マレーシア新潮」の面々が含まれる。これだけ多くの作家たちを統括したテオのリーダーシップに刮目させられる。
    監督:ホー・ユーハン、ヤスミン・アフマド、アミール・ムハマド、ライナス・チャン、リュウ・センタック、デスモンド・ン 、カマル・サブラン、タン・チュイムイ、ウー・ミンジン、ジェームス・リー、ベンジー&バヒール、ジョアン・ジョン、カイリル・バハール、ナム・ロン、スレイマン兄弟 プロデューサー:ピート・テオ
    80分/2009年

    『I Go』[Music video]
    大トリは『タレンタイム~優しい歌』挿入歌のセルフ・カヴァーで〆。
    監督:カマル・サブラン プロデューサー、作曲、アーティスト:ピート・テオ
    約4分/2008年

    【Q&Aレポート】ピート・テオ『タレンタイム』のアフマド監督の思い出を語る(東京国際映画祭)

    【Q&Aレポート】「私たちは子供たちのために戦います」『ピート・テオ特集』(東京国際映画祭)

    【Q&Aビデオアーカイブ】登壇 ピート・テオ(ミュージシャン/俳優/映画監督)